教材のクォリティが30%UPする文章テク 〜情報教材をグレードアップする方法〜 附録つき!

先着30名様に 無料のメールサポート付 

情報起業家(インフォプレナー)の皆さん!

ズバリおたずねします。
あなたの教材、売れてますか?



はじめまして。平藤と申します。
大阪で20年近くフリーランスで執筆業・創稿舎を営んでいるライターです。
創業以来これまで、ビジネス書籍や雑誌記事、WEBライティング、自費出版サポートなどの業務に携わり、お金を稼げる文章を書くノウハウを蓄積してきました。

あなたがお作りになった情報教材のクォリティを、
あと30%グレードアップするノウハウをご紹介いたします。


情報教材の多くは、インフォプレナーご自身で本体とセールスレターを書いておられます。あるいは販売代行会社様が自社スタッフに原稿執筆から販売ページの制作に至る一切を手がけておられるのがほとんどでしょう。

プロの書き手に制作を依頼されるインフォプレナーは多くありません。

その理由は、ほとんどのインフォプレナーおよび販売代行会社様が「プロに頼んだら高くつく」と敬遠されているか、若しくはプロへの頼み方が分からないのです。

情報教材の根幹は、文章であり、分かりやすさです。

文章の拙い情報教材は内容が分かりづらく、購入者に「買って損した」と失望感を与えてしまいます。

インフォプレナーの方々から持ち込まれる原稿を添削していると、その文章力の低さに驚かされます。漢字の間違いは言うに及ばず、慣用句の誤用および誤解、表現が幼稚または陳腐、文体の不統一感などなど、修正と指摘で原稿が真っ赤になることは珍しくありません。

多くの情報教材が、こと文章のレベルにおいては「お金をとって販売する」というレベルに達していないのが現状です。



巷でよく見かけませんか?
○○日間で○○kgやせた!
開始後○分間で○○○万円稼いだ方法。
1日20分で○○万円稼いだ!
集客ノウハウをすべて伝授!
情報商材初心者が月収○○万


それなりに収益をあげている人の商材には、実績と経験に裏打ちされたノウハウが存在することは誰もが認めるところです。


しかし、


ノウハウをもっているだけでは、どうにもならないものがあります。


それは、


商材を作成する文章力と表現力です。

いかに優れたノウハウも、的確に表現して、読む人に伝わらないと何の価値もありません。

伝わる商材を作るためには、プロのライターに制作を依頼するか、自分の文章力を鍛えるしかありません。

ほとんどの情報起業家(インフォプレナー)の皆さんは、プロに制作を依頼するほどの余裕はないでしょう。


ならば、


自分で自分の文章力を鍛える。もしくは文章表現のノウハウを誰かに教わるほかありません。

この教材は、あなたの商材を30%グレードアップするためのノウハウを解説しています。

なぜ30%なのか?
100%じゃないのかよ?


そんな声が聞こえてきそうですね。
ごもっともです。

でも私は、
敢えて30%にこだわります。

なぜなら100%グレードアップなんて、たぶん無理です。
人の能力には個人差がありますから、100%を約束できるはずがないのです。

でも30%なら――
情報教材を自分で作れる人なら、私のノウハウをお教えすることで
30%のグレードアップは可能です。

30%って言っても、侮ってはいけません。
30%もグレードアップできたら、あなたの商材は見違えるように生まれ変わります。




それでは、もう一度おたずねします。

あなたの教材、売れてますか?


「内容はいいハズなのに、イマイチ売り上げが伸びない」
と、悩んでませんか。

売れない原因は、マーケティングの不備とかSEO対策をしていないなど、いろんな要素が考えられます。
でも、もうひとつ、大事なことを見落としています。

文章表現の未熟さゆえに、顧客に充分なアピールができていないということです。

間違った解釈で慣用句を使っている。
「若者ことば」や「ファミコン語」の連発。
書きっぱなしで推敲した形跡がない。


そんな文章では、売れるものも売れません!



□■

出版業界で20年近く執筆活動をして獲得したノウハウを使って、
あなたの情報教材をあと30パーセント、グレードアップする方法があります。
商業出版で鍛えた文章テクニックを、情報教材に応用するノウハウを公開!!



過去に情報教材を制作した経験のある方。
これから情報教材を制作して販売を考えている方。
下記のような悩みを抱えてませんか?


□書きたいことはたくさんあるのに、どう書いたらいいのか分からない。
□内容には自信があるのに、どうも上手く表現できない。
□そもそも文章を書くのが苦手だ。でも教材を作って販売したい。
□プロのライターに書いてもらったら、お金がかかるんだろうな……


もしこのようなことで悩んでいるなら、せっかくのチャンスを捨てていることになります。


□■


どう書いたらいいのか分からない?
    ⇒ 
書きかたをお教えします。
上手く表現できない?
    ⇒ 
表現の仕方も教えます。
文章を書くのが苦手?
    ⇒ 
まさか文学作品を書くつもりじゃないですよね。
プロに書いてもらったらお金がかかる? 
    ⇒ 
だから自分で書けるテクニックをお教しえます。


ライターという仕事をやっていると、本や雑誌の原稿を頼まれるほかに、
情報教材の原稿作成や、すでに出来上がっている教材の校正・添削を頼まれることが最近多くなりました。


ですから、さまざまな情報教材を拝見する機会があります。
どれも著者が獲得なさったノウハウを世に広めようとする熱い思いに溢れた力作ぞろいで、本当に頭が下がる思いでいっぱいです。


ところが残念なことに、文章表現の拙い教材が少なくありません。


誤字脱字は言うに及ばず、慣用句や常套句の使い方を間違えていたり、
あるいは意味を取り違えていたり、表現が的確でないために著者が言いたいことを表現できていなかったり。

出版の世界でこんな原稿を出したら、まず間違いなく編集者から「書き直してください」と差し戻されるレベルのものが多いことに驚かされました。

むろん素晴らしい出来栄えの教材もあります。
しかし、たいへん数が少ないのが現状です。


□■


巷では情報教材というと、
それだけで「信用できない」「インチキだ」というイメージが根強くあります。


その原因のひとつが、完成度の低い文章にあるとしたら、それは悲しいことではないでしょうか。

せっかく素晴らしいノウハウを世に広めようとしているのに、文章力が至らないばかりに信用を得られないとしたら、それは社会的な損失だといえるでしょう。

だからといってプロのライターに原稿を書いてもらったら、原稿料は安くはありません。



やはり自分で書くほかありませんね!

だとすれば、文章力を鍛えましょう。


□■


あなたの文章力を鍛え、
教材のクォリティを
あと30パーセントグレードアップさせる方法を、
このマニュアルで丁寧に解説しています。


書店には文章の書き方を解説した本がたくさん並んでいます。
どれもビジネス文書を書くには適していますが、情報教材には応用しづらいものばかりです。

私のマニュアルは、
情報教材の完成度を上げることに特化して制作しました。
もちろん全てマスターすれば、
商業出版にも応用できるレベルの文章力が身につくようになっています。


□■


文章を書くことは、じつは難しくありません。
一定の法則さえ身につければ、書くことが楽しくなって、加速度的に文章力がアップすることでしょう。


文章は料理と同じ。素材を仕込んで美味しく調理しましょう!
お客さんは何が食べたいの? ⇒ 何を読みたがっている?
いい食材を仕入れよう ⇒ 
信頼できる資料を集めよう
調理しよう ⇒ 
あとは書くだけ
食器と見た目で印象が決まる ⇒ 
最初の10行で勝負が決まる


□■

このマニュアルでは、
文章という料理をおいしく作るためのノウハウを、
順を追って分かりやすく解説しています。


○文章の組み立て方
○伝わる文章を書くための基本ルール
○分かりやすい文章を書くために注意すること
○文章をみがく
○文章力がアップするトレーニング法
○知らずに使うと恥をかく「若者ことば」と「ファミコン語」


そして巻末には
「間違えやすい外来語と漢字の読み方」を一覧表にした
附録を用意しました


20年のライター生活で培ったノウハウですから、それなりの価格を提示したいところです。
しかし皆さんには良質な教材をたくさん制作してほしいとの願いを込めて、販売価格は今回特別に2,980円とさせていただきました。



プロのライターに匹敵する文章が、
        自分で書けるようになる!


原稿料を払って書いてもらうことや、
文章が拙いばかりに売れ行きが伸び悩んでいることを考えましょう。
自分の教材を自分で30パーセントもグレードアップできることが、
将来的にどれだけの利益をもたらすのかを――。


本気で良質の教材を作りたい方は、是非お急ぎください。


お買い上げ先着30名様の方に、メールによるサポートサービス(無料)。
マニュアルを読むだけでは理解が難しかったり、実習指導、質疑応答など実践的な文章上達トレーニングをお手伝いいたします。
          個別指導となりますので、人数に制限がございます。

◆無料メールサポートに関して
おひとり3回までとさせていただきます。
ただし、課題を提出した後、何らの断りなく1ヵ月を経過しても次の課題を提出していただけないときは、サポートを中止させていただく場合がございます。

これは、使える!
教材のクォリティが
30%UPする文章テク
〜情報教材をグレードアップする方法〜
メールサポート付改訂版

本編 139ページ
附録 4ページ


PDFファイル
ダウンロード版のみ


特別価格 ¥2,980

ご購入はこちら

お問合せ先 hirafuji@mbr.nifty.com

商品イメージ

クレジットカード・銀行振込・郵便振替・コンビニ決済・BitCashがご利用いただけます。




 特定商取引に基づく表記 ◆
業者名 (屋号)創稿舎
責任者 平藤 清刀
所在地 〒546-0023 大阪府大阪市東住吉区矢田1丁目1番3号  ヒルズコート 303号室
◎本住所にて販売は行っておりません。
ご連絡はメールにてお願いいたします。
お問合わせは下記メールアドレスまでお願いいたします。
連絡先 06-6607-7869
お問合わせ hirafuji@mbr.nifty.com
URL http://homepage2.nifty.com/hirayan/30up/30up.htm
お申込み方法 ご注文フォームより送信してください。
お申込み有効期間 7日以内にお願いいたします。
7日間ご入金がない場合はキャンセルとさせていただきます。
お支払い方法 クレジットカード決済(VISA、Master、JCB)、銀行振込、ゆうちょ銀行振込、コンビニ決済、BitCash
販売価格(税込み) ダウンロード版 2980円(税込)
数量制限/制限期間 なし/なし
販売価格以外の必要料金 銀行およびゆうちょ銀行振込、コンビに決済の手数料はお客様ご負担にてお願いいたします。
商品の引渡し時期 代金決済完了以後
商品の引渡し方法 PDFファイルをダウンロード
返品・不良品について データが壊れて商品に欠陥がある場合は、お客様の指定するアドレスに完全データを直接送信します。
商品の特性上、返品および返金には応じかねます。
個人情報の保護 お客様からお預かりした個人データは、販売後一定期間保管した後、すべて廃棄いたします。
法令に定めのある場合を除いて、第三者に提供することはありません。
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示されたノウハウや方法論または表現につきましては再現性に個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。ご利用に当たっては自己責任としてください。