E-mail rewrite-service@mbr.nifty.com  Tel/Fax 06-6607-7869
 
 ポートフォリオ
 
  自衛隊の掟
元自衛官の仰天手記


あっぷる出版社 1995年8月17日初版

〔第6章/自衛隊オンチのマスコミ報道〕より
 
オウム真理教が精力的に自衛官信者の獲得に動いていたこと、そしてすでに信者になっている若者を入隊させて訓練を受けさせていたこと、さらに武器を密造しようとしていたことが発覚して、教団がきわめて強力な武装化を図っていたことが明らかになってきた。
 オウム関連のニュースやワイドショー、週刊誌などは「自衛隊は高度な戦闘技術を身に付け、訓練された戦闘のプロ集団である」と報じた。映像のバックに流れる映像、記事の周辺にちりばめられた写真はいずれも、まるで申し合わせたかのように、戦車が走り回り、ヘリコプターからロープを使って降下するレンジャーをとらえた「総合火力演習」、そして迷彩服で行進する空挺隊員をとらえた「中央観閲式」の場面ばかりである。見ている人にはどれもこれも同じ顔に見えたことだろう。そして脳ミソには、いかにも「戦闘のプロ」という印象がたっぷり刷り込まれたに違いない。それが自衛隊のイメージとして固定観念と化すのである。だが、あの映像・写真は自衛隊の訓練のごく一部ではあるが、自衛隊生活の全てではない。まさか年がら年中あんなことをやっていたのでは、体がもたないのである。
 マスコミが意識的にあのような映像を用いるのは、自衛隊のイメージがすぐに伝わりやすいという効果を狙ったものであることは分かる。あるいはちょっと意地の悪い解釈をするならば、マスコミ地震が自衛隊に対して「戦車が走り回りヘリが飛び交う」という偏ったイメージしか持っていないのかもしれない。いずれにせよ、元自衛官としての立場から言わせてもらうと、イメージが偏るのはあまり愉快な傾向ではない。
 マスコミが偏ったイメージしか植え付けないものだから、世間一般の大部分の人が、おそらく分かっているようでじつは分かっていないのでは? と思えることがひとつある。
 それは、あの映像の中で戦車やヘリを操縦し、輸送機から落下傘で降りてくる隊員たちのことを“自衛官”という、我々人間とは異なる別の生き物だと思っているのではないだろうか、ということである。実際、ごくふつうのサラリーマンから「そうか、彼らも日本人なんですよね」と言われたことがある。
 そう、自衛官も人間であり、日本国民であり、我々と同じ時代に生まれ同じ教育を受けた等身大の青年たちなのである。

copyrightc2017 Writing office 創稿舎