E-mail rewrite-service@mbr.nifty.com  Tel/Fax 06-6607-7869
 
 ポートフォリオ
 
  自衛隊ウラ話
喋り出したら止まらない


あっぷる出版社 1993年7月14日初版

〔第2章/朝はラッパで起こされて、何をするにも皆ラッパ〕より
 
?新兵さんも古兵さんも皆おきろ〜、起きないと班長さんに叱られるぅ〜という独特の節回しで有名な旧軍のラッパだが、じつは自衛隊でも日課の節目にはラッパが吹奏される。メロディーそのものは旧軍のものと違うが、威勢のいい起床ラッパから哀愁を帯びた消灯ラッパまで、ちゃんと揃っている。栄誉礼とか葬送などの礼式用のラッパは一部旧軍と同じ譜面を使っているけれども、ほとんどの譜面は自衛隊独特のものである。
 一日の始まりに吹奏されるのは、朝六時に駐屯地中に響き渡る「起床ラッパ」だ。「新兵さんも古兵さんも……」ではなく、自衛隊のは「さぁさ皆さん早起きしましょ、今日も一日元気で行こう」という、一見小学校の教室に貼ってあるクラス目標みたいな文句だ。ここにも旧軍のイメージを払拭したいという努力の跡がうかがえる。
 ラッパそのものが旧軍の名残といえなくもないが、米軍でさえいまだにラッパを使っているのだから自衛隊だけが「時代遅れ」と非難される筋合いはない。ラッパ譜には長いのから短いのまでいろんな号音があって、なんと〇から九までの数字にまでメロディーが付けられている。また「指揮官」とか「集まれ」「解散」といった簡単な用語・号令までラッパで吹き分けられるようになっていて、ごく簡単な内容ならラッパで通信ができるのである。ただし、ラッパを使った通信は今では全くといっていいほど使われていなくて、数字とか用語・号令を正確に吹き分けられたり、あるいは聞き分けられるラッパ手は非常に少なくなっている。だからラッパ手の養成訓練では日課号音と礼式譜あたりを無難に吹奏できたら、まずはラッパ手としては合格なのである。
 日課号音にしても、昔は警衛隊にラッパ手がいて時間が来ると生で吹奏していたが、今ではテープで流している駐屯地が増えている。ラッパ手の需要がなくなったわけではなくて、不定期だが部隊ごとにラッパ手の養成訓練も行われている。

copyrightc2017 Writing office 創稿舎