E-mail rewrite-service@mbr.nifty.com  Tel/Fax 06-6607-7869
 
 ポートフォリオ
 
  「予備自衛官」になる本


かんき出版 2005年5月23日初版

〔第2章/サラリーマンのままで戦時や災害時にも活躍する〕より

 文章を書くのが好き。――という、ただそれだけの理由である日突然、私は「ライターになります」と言って会社を辞めた。上司は驚いて必死の慰留を試みたが、私は聞く耳を持たなかった。バブル経済の末期頃のことだ。
 わたくしのことをよく知らないで「あなたはバブルの勢いで憧れのライターになれたのだ」という人がいる。もし本当にバブルの勢いでライターになったのだとしたら、いま頃は仕事を干されて路頭に迷っているだろう。バブルがまだわずかに余韻を残していた頃は、むしろろくな仕事が来なかった。バブル経済が完全に弾けて、日本経済が急速に衰退し始めた頃から、なぜか私の元に単行本の執筆依頼が立て続けに入ってきた。お陰で曲がりなりにもライターを名乗れるようになったのだ。
 会社を辞めたことで自由になる時間が大幅に増えた。頼まれた仕事に穴さえ開けなければ、誰に気兼ねすることなく訓練に出頭できるようになった。一方で、自分で直接得意先と接するようになったことで、得意先の思想的な背景に気を配る必要が出てきた。詳しくは後述するけれど、自衛隊にあまり良い感情をもっていない人がいて、
「自衛隊の人は、ウチの仕事は遠慮してもらってるんだ」
と、はっきり拒絶されたことがある。
 もっともこういう例は極めて珍しい。
 即自に採用されてからも、自分がやるべき仕事をきっちりやっていれば、年間30日の訓練出頭は苦にならない。短い原稿ならば部隊に資料を持ち込んで、夕方以降の自由時間に書いてしまうという裏ワザも身につけた。
 ただ、やはりサラリーマンをやりながら年間30日の訓練に出てくるのは、そうとう大変なことに違いない。仕事と訓練のやり繰りができなくなったり、雇用主は訓練出頭に協力的でも同僚たちの無理解にいたたまれなくなったりして、とうとう即自を辞めて行った者も多い。

copyrightc2017 Writing office 創稿舎