「私の歴史館」は1冊だけの出版ができます。   
  あきらめていた人のために

自費出版を出版社に発注すると、最低ロットが50〜100冊。費用も100〜200万円と、かなりの高額になります。
そのため、
「100冊もいらないんだけど…」
「費用を工面できない」
といった理由で、自費出版をあきらめてしまう人がなんと多いことでしょう。

そんな、自費出版の二大問題を、Writing office 創稿舎は一挙に解決しました。
出版社は印刷と製本を外部の業者に発注します。ですからどうしても費用が高くなってしまいがちです。

Writing office 創稿舎の「私の歴史館」は、印刷から製本まですべての工程を外部に発注せず、しかも一貫した手作業で行うことで、たった1冊というきわめて小ロットの出版を可能にしました。
  あなたの≪想い≫を本にして残します

たとえば――
「創立○○周年の記念に、創業者のいきざまを新しい社員たちに伝えたい」
「親父の生きざまを、子や孫に伝えたい」
「戦争体験を語り残しておきたい」
「叙勲を記念して、この際だから人生を振り返って子や孫に残したい」
「古くから続く家系のことを、記憶している限り書き残しておきたい」

ほかにも――

●私の生い立ち
●父母の思い出
●我が家・私の歴史
●家系図
●自叙伝・遺作集
●自作の小説、詩、エッセイ
●創業の歴史
●各種記念

人生のあらゆる節目に、自費出版をお勧めします。
   
ご注文・お問い合わせ

メール⇒ rewrite-service@mbr.nifty.com
電 話⇒ 06-6607-7869 (月〜金09:00〜17:00 土・日・祝祭日・国民の休日は休み)

※なるべくメールをご利用ください。
※取材に出かけているときは電話に出られないことがあります。時間をずらして、おかけ直しください。(番号通知でおかけください)
 
TOPページ 概 要 1冊だけの出版とは? 本になるまでの流れと費用 お問い合わせ Writing office 創稿舎

copyrightc2017 Writing office 創稿舎