E-mail rewrite-service@mbr.nifty.com  Tel/Fax 06-6607-7869
 
 
料金についてのご説明

1文字1円という文字単位の単純設定はしておりません。

原稿を書くという仕事は、いわばアウトプット。書く媒体やジャンル、そして取材対象のすべてに精通しているわけではありませんので、原稿を書くためには「事前のリサーチ」「取材」「情報収集」というインプットが不可欠です。
求められるアウトプットの量と質によって、インプットの量と質もそれぞれの案件ごとに異なります。ですからWriting office 創稿舎の原稿料は、案件ごとにクライアント様と相談しながら決定するというスタイルをとっています。
原稿料の目安

以下、過去の事例を参考になさってください。
○ビジネス書200ページ分の原稿を既存の資料と文献をもとに執筆 \350000
○ビジネス書200ページ分の原稿を既存の資料とインタビューをもとに執筆 \700000
○著名人のゴーストライティング200ページ分(インタビュー20時間) 印税契約(定価の2%)
○情報誌3ページ半の特集記事(取材のための出張3日間実施) 約\200000(交通費を含む)
○情報誌の店舗取材記事1ページ \10000
○情報誌の人物インタビュー記事1ページ \20000
○韓国で制作された戦争映画の日本語吹き替え監修 \20000
○情報誌の囲み記事 \5000
料金には消費税がプラスされます。
「私の歴史館」の料金は別設定となります。こちらをご覧ください。
お問合せ先
電話 06-6607-7869
E-mail rewrite-service@mbr.nifty.com
〒546-0023 大阪市東住吉区矢田1-1-3 ヒルズコートU303号
 
 

copyrightc2017 Writing office 創稿舎